3/4(水) 古家具をリメイク!たんすでキャビネットをつくろうWS
5dba8acf9658036b470b07ff 5dba8acf9658036b470b07ff 5dba8acf9658036b470b07ff 5dba8acf9658036b470b07ff 5dba8acf9658036b470b07ff 5dba8acf9658036b470b07ff 5dba8acf9658036b470b07ff 5dba8acf9658036b470b07ff 5dba8acf9658036b470b07ff 5dba8acf9658036b470b07ff 5dba8acf9658036b470b07ff 5dba8acf9658036b470b07ff 5dba8acf9658036b470b07ff 5dba8acf9658036b470b07ff 5dba8acf9658036b470b07ff

3/4(水) 古家具をリメイク!たんすでキャビネットをつくろうWS

¥0

送料についてはこちら

  • たんすA

    残り1点

  • たんすB

    残り1点

  • たんすC

    残り1点

  • たんすD

    SOLD OUT

  • たんすE

    残り1点

2020/3/4(土)に開催する、 たんすでキャビネットをつくろうWSです。 . このDIYクラスでは、古いタンスを使ってかわいいキャビネットをつくります! 使うのは、どこにでもあるような古いタンス。 昔、おばあちゃんの家で見たことがある!という方もいるかもしれません。 . 昔のたんすは、このままでも渋くてカッコいいのですが、表面をやすりがけして塗装を落とし、白木の状態にしてからワックス or ワトコオイルを塗りこむと、それはそれはかわいい表情になるのです! . 今回のワークショップでは、一番下の引き出し以外は外して、鉄脚も取り付けるので、キャビネットとして使いやすいようにしました◎ . キッチンでは、大皿も収納できる食器棚兼作業台、書斎では本の収納、玄関ではシューズラックにもなります。 収納力もあるので、お店をやっている方は什器としてもオススメですよ〜! . 今回使うタンスは、リビセンでもよくレスキューするスタンダードタイプを中心に、少し高さの低いものもご用意しました! . 以下、サイズ詳細(幅 x 奥行き x 高さ ㎝) A :81×40×93(4段) ※1 取手が麻紐 B: 84×42×92(4段) C: 84.5×41.5×102.5(5段) ※2 最上段に隙間あり D: 80×41×80(3段) E: 85.5×42.5×95(5段) . ※1 たんすAは取手が麻紐になっています。リビセンDIYコーナーでも取手を300円で売ってますが(最後の写真)、お気に入りを持ちこんでいただいてもOKです! ※2 最上段の棚に10cmほど隙間があいてます。 . お申し込みはSTORESより。ご参加お待ちしています! . ■日時 3/4(水) 13:00〜17:00 ○午前中のDIY基礎クラスにご参加していただいたあと、連続で参加できます! ※当日現地にてお支払いをお願いいたします ※ご予約後、「発送完了」のメールが届くことがありますが、イベントやワークショップの場合は、特に商品をお送りしたりすることはございませんのでご了承下さい。 ・たんすがレスキュー出来次第、こちらのページに追加していきます。 ・写真にあるように、引き出しの一番奥5cmほど隙間が空いているものがあります。食器棚として実際に使っていても、支障がない程度です。 隙間があまりにも大きいものは除外していますが、古いタンスにも個体差がありますので予めご了承ください。 ■料金 25,000円 / 組(税抜) ※今回のワークショップ費の中には、<参加費、たんす代、鉄脚代、加工代>が全て入ってます。写真のようなものがつくれます。 ・鉄脚は高さ15㎝のものを使用します。 ■注意事項など ・キャンセルの場合、ご予約日の前日から100%のキャンセル料が発生いたしますのでご注意ください。 ・配送も可能です。(参考:東京まで約6500円) ・今回は1番下の列の引き出しのみヤスリやオイルを使って仕上げます。その他上段の引き出しはワークショップ中では加工はしない予定です。引き出しはお持ち帰り頂けるので、是非ワークショップで学んだことをお家で試してみて下さいね。 ・リビセン店舗にはこの他にもたんすはたくさんありますが、今回は加工しやすく、今回のキャビネットに合うテイストものもをこちらで用意しております。今回は、このデザインのタンス以外は受付できませんので、ご了承ください。 ・小学生以下のお子様は大人と一緒にご参加下さい。 ・ ご家族やご夫婦など、何人かでひとつのキャビネットを作ることもできます。 ・工具や軍手などはこちらでご用意致しますので、どうぞお気軽に。 ・質問がありましたら、event(a)rebuildingcenter.jpまで。※(a)を@に変えて下さい。