PRODUCT STORY

リライフライト

リビセンでよくレスキューする、レトロな食器と昔のガラスの建具。
それぞれひっくり返したり組み合わせたりしてつくってるのが、2種類のペンダントライト「リライフライト」です。

・リライフライト フリップ = レトロな食器を逆さまにして、傘にしたライト

・リライフライト ピース = ステンドグラス作家さんとつくった、型板ガラスを組み合わせたライト

いずれも、レスキュー品からつくられるプロダクトです。

▼「リライフライト フリップ」について

リビセンの食器コーナーには、そのまま食器として使ってもかわいいものがたくさん並んでいます。
喫茶店やレストランをはじめ、いろんな場所で目にする工業製品のコップや、琥珀色がきれいなデザートボウルなど、レトロなデザインの食器は人気商品のひとつです。

これを食器以外にも使い道はないかと生まれたのが、この「リライフライト フリップ」。
「フリップ」は、ひょいと食器をさかさまにしたことから名付けられました。
同じものでも見方を変えるとあたらしい使いかたが見えてくる。そんな体験も楽しんでもらえますように。

・Clear / Color
ガラス食器そのままのもの。レトロな食器のかわいさがそのまま楽しめます。

・White
白く塗装したもの。ガラスそのままより光の通り方がやわらかく、落ち着いた雰囲気を醸し出してくれるのが大きな特徴です。

・Frost
すりガラス加工したもの。やさしくやわらかい光をつくってくれます。色のついたガラス食器の色もそのまま生かせて、パステルっぽい明るい光をはなってくれます。

▼「リライフライト ピース」について

レスキューしてくる古い建具のなかには、ガラスが一部割れていたり、建具の木部が腐っていたりしてそのまま使えないこともたくさんあります。せっかくガラスはかわいいのに、建具としての役目を果たせない子達に出会うと、ガラスだけでもレスキューしています。

模様の入った昔のガラスは「型板ガラス」と呼ばれていて、いまではつくられていない模様もあります。
そんなガラスを使って、リビセン近所に住むステンドグラス作家さんと一緒につくったのが「リライフライト ピース」です。

シンプル、フラワー、パラソルの3種類の形を、主につくってもらってます。

レスキューする機会も多い、レトロな食器とガラスの入った建具。
きれいに水洗いをしてお店でそのまま販売することも多いですが、一部はこうしてリライフライトに生まれ変わります。食器には穴を開けてコードを通して…とつくるときは試行錯誤でしたが、かわいい商品になったと思います◎

どこかのおうちで使われていたかもしれない、ガラスのパーツ。
ノスタルジックなガラスたちが、こうしてまた姿を変えて、お部屋にあかりを灯してくれます。

出来るだけ、傷のない部分で作成するよう心がけていますが、基本的に使われてきたガラスたちなので、多少の傷などあります。

■セット内容
・傘
・コード(選べます◎)
※購入時、ご希望のコードカラーと長さを備考欄にご記入ください。
選べるカラー(4種類):茶|黒|黄|白
選べる長さ:30cm|50cm|80cm|1m|2m

■仕様
引っ掛けシーリング対応:簡単に取り付け可能です。
電球:口金E17/60Wまで LED対応です。
※電球は別売りです。ご自身でご用意されるか、こちらからご購入ください◎
https://rebuildingcenterjp.stores.jp/items/5eecb7340d5e382a2552c84f

リライフライト一覧はこちらから
・フリップ(レトロ食器)
https://rebuildingcenterjp.stores.jp/?category_id=5f3a036b791d0272d5de3c7d
・ピース(型板ガラス)
https://rebuildingcenterjp.stores.jp/?category_id=5f3a058c791d027286de3d3f

商品の注意事項はこちらから
https://rebuildingcenterjp.stores.jp/faq